パチンコ やめたら

パチンコ やめたら

御者は後部での騒動に気付いていないようで、俺からどんどん遠ざかっていく

あなたも好きかも:スロット ガルパン 高設定
「逃がしてくれたのか……」俺は地面から剣を抜くと手に持ち、わき道から林道へと入っていった

森の中はうっそうとした木々がどこまでも広がり、太陽光がその間から気持ち良さそうに降り注いでいる

あなたも好きかも:パチンコ ホール 情報 サイト
俺は何となくだが、目印になるような木に剣で印をつけていった

子供のころ、村の森で遊ぶときによくやった方法である

とはいえ、戻ったって仕方ないんだが

とにかくおまじないのように目印をつけながら、俺は歩き続けた

裸足の足元は森の草木でボロボロになるはずが傷一つついていない

夢だからか不思議と疲れもあまりしない

俺は一日中、休みもせず、何も食べずに森の中を歩き続けた

あなたも好きかも:オーメン パチンコ 演出 信頼度
そして、ぽっかり開けた場所に小さな滝と池、そして小屋がある場所を発見した

コンコンと小屋のドアをノックしてみる

誰もいないようだ

ドアノブをまわすと、ドアが音も無く開き「おじゃましまーす……」俺は中に入っていく

室内には、小さなキッチンと、奥には書斎と綺麗なベッドがあった

書斎の本を手にとって読んでみようとする

読めない

少なくとも日本語や英語ではない

アルファベットも使われていない