パチスロ バイオ6 朝一

パチスロ バイオ6 朝一

「まったく、君は……」 眉間に皺を刻んだフェルディナンド様がそう言った

あなたも好きかも:ブラックジャック パロディ漫画
同じように叱り飛ばしてくれる立場の人がいることに安堵し、オレは叱る役を譲る気分でフェルディナンド様を見る

「今まさにお忍びでここにいることを自覚しているか?」「あ、そうでしたね」 ……今がお忍びだったのか

つまり、フェルディナンド様は許可しちゃったってことだよな? マインが帰ってきたのが嬉しかったので完全に意識の外になっていたが、フェルディナンド様がお忍びを許可する人だとは思っていなかった

あなたも好きかも:カジノ 自治体
よくよく考えてみれば、無表情で顔に出ないからわかりにくいが、この人はマインから一度も目を離していない

今もトゥーリに髪を結われているマインを見ている

 ……これってもしかしたら結構ヤバい状況じゃないか? この先、マインがここに出入りすることが増えたら、フェルディナンド様の許可付きで外に出ることもあり得るかもしれない

オレは旦那様と顔を見合わせて、未来予測に頭を抱えた

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット オーラ
「せっかく新しい図書館を作ったんだけど、まだわたしの図書館がスッカスカで寂しいんだよね

プランタン商会には本当にいっぱい本を作ってほしいの

頑張ってね、ルッツ」 どんどん作って本棚をいっぱいにするんだ、と金色の目をキラキラに輝かせているマインに旦那様が「残念ながら無理だ」と肩を竦める

「ルッツは一年から二年くらい出張に出さんから、その辺りを配慮して計画を立てろよ

ルッツとトゥーリの結婚が控えているからな」 これまでは祝福防止のために隠していたのに、旦那様にさらりと暴露された

マインが目を丸くしてオレを見て、トゥーリを振り返ろうとする

「マイン、頭は動かさないで!」「だって、トゥーリとルッツが結婚するって言ったよね!? わたし、聞いてないよ!?」「派手な祝福をされたら困るから時期を見計らってたんだよ」 トゥーリの呆れたような声にオレも頷いた