スロット ペロリナ

スロット ペロリナ

或いは脆弱に見えるから、決して牙など持っていないのだと

雨音に傘を広げて世界を傘の形だけ、僅かに切り取る

柔らかな光の滲む街を歩きながら、よりにもよってと苦く微笑んだ

見ているだけだ

時折言葉を交わし、差し出された手は決して取らない

あなたも好きかも:ブラックジャック スロット 解析
そっとその輪の端に滑り込み、決して明るい光の中央には立ち入らない

舞台袖に佇んで、物語の切れ端を拾い集めるだけ

充分な切れ端が揃ったら、それは立派なナイフとなる

だから、何度手を差し伸べられても、決してその手を取ることはない

私は、あなたを滅ぼすものなのだ

煙草の煙にたゆたう、低いジャズの音を思った

自分はこの思いを育てる程に無垢ではない

けれども、この先に、こんな夜の切れ端をふと思い出す夜はあるだろう