ネギま パチンコ 右打ち

ネギま パチンコ 右打ち

「あのなぁ……ちょっとナゲメルチャさん ミイぱいせんが、うちら水棲族の始祖って言うのは うちも皇族やし何となく知っとるけど でもなぁ、ぱいせんが始祖ってのは……」「知ってたのか?話したっけ?」俺は驚きつつも、ちょっと安心する

「いーや?むしろ、たっくんも知っとったん?」「う、うん……」「そっかぁ……あのな、たっくん うちも、ミイぱいせんと血が繋がっとるかもしれんけど もう、めちゃめちゃ薄いからな? 安心してや?」「も、もちろんだ

もはや関係無いも同然だろ」俺は平静を装って頷くがあいつの異常な影響力に内心動揺している

そ、そうか、タガグロは美射の遠い親戚か……美射本人から聞かされたり間違いなく知ってたはずなのに殆ど意識したことすらなかった

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラマン 攻略
「え?お母しゃんと血が繋がってる? あれ?先生って私のおばあさんだったの? ん?ひいひいひいおばあさん?あれ?先生若いよー?」ナーニャも混乱しだした

セイは混乱している俺たち三人を顎を上げてニヤーッと眺めてから「そうか、やはりこの未来でも邪神なのか

あなたも好きかも:パチスロ ガルパンg 一撃
 "間"や"意識の底"で出会った どの時代の者たちも、そして高次元人たちも 頭を悩ましていた

 幸い、私の時代には関りは無いが」「ちょ、ちょっとあんた!! せっかくたっくんが元気になったのに 台無しやんか!!謝罪しいや!!」タガグロがいきなりブチ切れた

あなたも好きかも:スロット カード 忘れ
セイを指さして、額に血管を浮き出させている

慌てて俺が二人の間に入って「ま、まぁまぁ、俺は大丈夫だから……」「いいん!?この人、うちらをおちょくっとるんやで!?」「い、いや……と、とりあえず ナゲメルチャさんの目的を聞こう

 悪い人じゃないって……ちょっと試しただけだろ」セイはいきなり頭を下げて「申し訳ない

不快にさせるつもりではなく 純粋に好奇心からだ

 この子の身体ですまないが、混乱させたことは謝罪する」タガグロは怒りを治めて「ま、まぁ、謝れるんやったらいいわ

 セイちゃんの身体は、好きに使いや」俺たちは家族三人そろって、近くの透明な長椅子に座る

セイはこちらを向きながら別の長椅子に座り「……まだ、高次元人たちの妨害が入らないな

 そして、この周辺には共鳴粒子の気配もない